放浪紀行

跳ねる髪が嫌い

2月4日(日)

 TwitterInstagramを消しましたが、割とそんな辛くないです。依存とは何やら。廉です。

 

 僕の好きな小説に「スロウハイツの神様」(著:辻村深月)というのがあります。この本と親のせいで、Goodbye,公務員の夢、をしましたけれど、そんな話はさておき、今日はその本の話。

 簡単に言うと作家版のトキワ荘の話。皆何かしら、筆を執って書いていたり、描いていたりする。これがどんなに魅力的で、どんなに絶望的か。そんなことを教えてくれる素晴らしい青春小説です。

 

 脚本家、作家、漫画家、映画監督、画家なんてなれるのは一握りの人間。よく、修羅の道と呼ばれます。よくやく最後まで辿り着けそうなところで、ある失敗をすると、自分のところには何も残らないからです。既発表、既投稿の作品なんて、売れなければ人に見てもらえる機会はガクッと下がる。一度誰かに見せてしまった作品は、大抵の賞には応募できません。

 例外は勿論あります。「きみの膵臓を食べたい」って、あれは電撃大賞落選してから、作品供養として「小説家になろう」で投稿したら大ヒットしたんです。住野よるさん、凄い。強大な運をお持ちです。

 

 自分は小説家を目指しているのですが、そんなことに、そんなところに目指すのかと、親からも沢山言われ、挙げ句の果てに、祖母にまで説得されました。今までの恩人とも言える(学費とか出してくれてた)祖母に反抗するのは、正直自分に対しての嫌悪感が生まれましたが、腹を括りました。

 この小説を読んだ中学生の頃から、作中の赤羽環の言葉が忘れられない。この言葉は呪いです。

 

 「世界と繋がりたいなら、自分の力でそれを実現させなさい」

 

 僕は世界と繋がるために、TwitterInstagramを消しました。今のところの目標を達成するために、少しだけでも妨げを無くそうと思ったのです。長ったらしい理由でごめんなさい。

 

 とりあえず文化祭までかな、と思っていますが、別にそこまで強制するつもりはないので、フラっとまた入れるかもしれませんけどね。

 ブログ更新のときだけ、Twitterでお知らせします。ただTwitter上で返信とか反応とかはできないので、見てくれた人は、何か思ったこととかあったらLINEで。あんまりLINEをする人じゃないので、話が出来たらめちゃくちゃ嬉しい。飛び上がります。

 ではまた今度に、よろしくお願いいたします。

 

12月13日(水)

 部屋の温度計が5度を指していて戦慄しました。御機嫌いかが、廉です。

 修学旅行ももう来週、学期末ライブのオーディションは始まり、明日の荷物の多さに阿鼻叫喚の嵐が冬の訪れを感じさせますね。

 前に書いたブログの日付が10月でした。それにもびっくり。跡部の話も前回の記事だったんですね。いやはや、時の流れはとても速い。今日の話は別に時間とは関係ないんですけれど。

 家で見つけた「こゝろ」(著:夏目漱石)がホコリまみれで、ページもかなり日焼けしていて、でも装丁はたまらなくいいから、これで読むか・・・と思っていたけれど、あまり気乗りしなかったので、同じ装丁のを探したら絶版だったので、本屋さんを駆けずり回り、御茶ノ水丸善で買えました(無理なことを言ったのに対応してくれた店員さんありがとう・・・)。

 角川の装丁良いな~って思うんですよ。いわゆる文豪の書いた小説に、改訂版として装丁が変わってるんですけど、手触りといい、文字といい。この装丁の発案者は無類の本好きなんだろうなぁ、と猿でもわかるほどに、完璧(と、俺は思う)。ぜひ皆さんも良ければ。

 

10月10日(火)

 この時期に聞く卒業ソングには、心にぐさっと来ます。さよならメモリーズを聞きながら勉強しています。こんにちは。廉です。

 テスト勉強お疲れ様です。テストというものは油断してたらすぐ来てしまいますね。また、油断していたら自分が取り残されているということも、よくあることです。勿論、今日は、『カップル』のボヤキです。当たり前でしょう、こんなホットなニュース、他にはありません。

 いやぁ〜一言で言うと滅茶苦茶青春してんな〜〜〜って感じですよね。俺も河川敷歩いて、一休みして、2人で西野カナ聞いて河原に小石投げてえよ。俺このまんまだと1人で中島みゆきを聞いて川に飛び込む羽目になるんですけど。

 昨日広島にいる友達からまるで漫画みたいな青春を醸し出すラインが来ました。

「彼氏が出来て毎日自転車2ケツで帰ってるんだ〜!廉はどう帰ってる??」って来たので、「丸ノ内線で端っこの席を絶対確保して、そこで何とか1日の疲れを癒して、東京駅らへんを放浪しながら本読んでる」って打ったら「笑笑」って来ました。そんな貧相な二文字で済ますな。俺の下校を笑うな。

 漫画みたいな青春っていうのは恋人の有無にかかわらず、東京じゃ味わえない気がします。よく聞く河川敷もないし、チャリ通も少ないし、雨宿りとかしないしね。

 でも東京の高校生の青春の仕方ってのが少し他の道府県に比べて特殊なのかもしれません。皆彼女の誕生日にはお高いアクセサリー、あげるでしょう?良い感じのレストランに行ってプレゼント渡したりするじゃないですか。そんなの東京だけです。多分そろそろしたらそういう少女漫画が出てきそうですね。

 凄い恵まれたところに住んでいるのだから、ちょっと特殊な青春送ってみたいですよね。僕の青春どこに落ちてるか知りません?もう無い?

 

 結論。いやぁ、微笑ましいな。しかも結構仲良い人同士がカップルだったりするわけです。滅茶苦茶羨ましい。

 別に体験しなくても、恋というのは絶対話が弾むものです。是非帰り道の話のネタにどうぞ。「跡部様にガチ恋〜!納税したい〜」とかいう輩は今すぐに東京ドームの土に埋められて、一生帰ってこないでください。

 これを書いている間に恋愛ソングばかり聞かせてくるSupercellYouTubeにはあとで説教が要りそうです。

 

 

 

10月7日(土)

 進路の話が多くなったので、熱と勉強にうなされる息抜きとして色んな人から聞いた話をまとめてみようと思います。いやぁ、耳が痛い。廉です。

 

 最近先生がよく言うようになったセリフといえば、「やることを狭めすぎると、どこかでボロが出る」っていうような旨な感じが多くなったような気がします。

 まだ僕はちゃんと勉強したことがないので分からないのですけれど、そうなるのかなぁ、でもそうならない気がするなぁ、と安易に考えて三教科受験に踏み切りました。 というか、僕の目指す道に向けて勉強できる学部というのは大体私立大学です。文芸系は「将来金にならない職業じゃん!税金の無駄だからどんどんその学部を国立大から消しましょう」っていうので消えつつあります。「その職業の収入を減らしているのはお前らだろうが、努力しろよカス、さっさとポルノ法改正しろ」とは口が裂けても言ってはいけません。とにかく、私大受験は必然といえるかもしれません。

 志望校を設定する上で、「将来の範囲を狭めてしまうな」とは少し心配になりましたが、そんなのその時にならないと分からないなっていう気持ちで案外すっと決まりました。とりあえず、やりたいこと。やらせてもらえそうなことを重視しました。

 自分はやりたいことがある程度決まっているケースだけれど、やりたいことなんて大学で見つければいいのではと思います。こんな頭が悪いやつがいうのもなんですけど。

    大学行ってそのあと専業主婦(夫)になってもいいじゃないですか。それを反対してきた親とかにはセロリを鼻に突っ込んで「黙ってろ」ってキメ顔で言えば良いんです。多分勘当されますけど。

 熱意は親にも伝わるもので、私立大(難関)の受験を許してくれました。お金あんまないの知ってるんだけどね。まあ中学からずっと言ってれば嫌でも伝わるわ、少し申し訳ない気持ち。

 で、困るのは圧倒的な学力差です。何もせずにのうのうと朗らかに生きてきました。皆が「ヤバい…物理全然分かんない」って言ってるときに「ぷよぷよのGTRめっちゃ難しくない…覚えなきゃ((←殺殴蹴死消ry」ってなってしまいます。失礼しました、うごメモのメンヘラが出てしまいました。ってそんな場合ではなく。

 そんな子を持った両親は、一浪してもいいとよく言います。裏を返せば、「そこに受からなかったら一浪してでも受かれ」という隠語です。ますます焦りの表情を見せる藤井廉。

 今はまだ夢見心地なので、そろそろ現実を見なければ…って感じ。偏差値20足りてないとかシャレになりません。受かったらビリギャルです。思ってもみないところで本出せますよ、まったく。

 漢文やるので今日はここまで。不定期日記のくせにこんなのよう続くもんですね、自分でもちょっと驚いているんです。

 

10月2日(月)

 朝はちょっと勉強して、昼は寝ました。三連休ずっと寄り添ったのはピアノです。こんばんは、廉です。

 自分の目指す進路が明確になり、勉強をやっとこさ始めたのですが、先生の言っていたとおり、受験科目以外はやりたくない病を発症しました。

 今主に取り組んでいるのは英文法と漢文なのだけれど、某数学の先生に「お前は一生数学使わない」という旨のことを言われ、現在テスト勉強のやる気すらありません。化学、物理も同様です。

 一旦「お前はこれは必要ない、不要」って言われると、それを真に受けてしまうことが多々あって、多分その言葉の意味は「必要ないけど教養としては身につけておいた方がいいんじゃない」、というような意味だとは思うのだけれど、「いらないものは全部いらない」っていうふうに捉えてしまうのが残念。鶏卵の「からざ」みたいな感じ、とはちょっと違うか。今流行りの「排除」ってやつです。

 何事も肯定と否定を織り交ぜれば大体はいい方向へと向かいます。それは分かってるのだけれど…という感じ。反抗期が中学生の頃に来なかったことのしわ寄せが今来ている。高校生の半ばってキレが悪いし、たちが悪い。嫌になっちゃうね。

 次の曲の曲名は「それから」。その次は「17ページの回想録」。クソバンドマンみたいなことを言うと、最近めっちゃ楽しい。充実している。四六時中曲のこと考えてる。それに応えてくれるようなバンドがあって良かったな、と少し幸せです。

 眠くて仕方がないので、もう一回寝ます。おつかれぃす!!

 

 

 

9月25日(月)

 今日はすこぶる体調が悪かった分、変な夢見てその中の人と友達になりました。二度と会えないと思います。廉です。

 昨日は吉祥寺クレッシェンドありがとうございました。めっちゃミスったけど、久しぶりのライブ楽しかったです。また手直しが沢山必要みたいです。そりゃそうか。終わりはないですね。ファッション、かるわとか教えてくれねえかなぁ…分かんねえよ…っていうのを昨日の電車ずっと思ってた。お疲れハイライト、お疲れ俺。

 で、一昨日はハイジャムでした。どちらも来てくれた人いたし、本当にありがたいです。ありがとう。やっぱ自分で歌うの違うな〜って思います。めっちゃ緊張した。一年生の頃を思い出しました。めっちゃ楽しかった。凄バンと出会えたのは本当に奇跡だなぁって思います。

 んで、ライブが二連チャン(ワロタ)終えた後、また曲を書いています。何たって一日一曲らしいから。小室どころか中田ヤスタカになりそうです。

 次の曲の話。

 実は僕は本を読みます。生粋の読書好きです。

で、一番の本っていうのが、現在夏目漱石「それから」という記録が中学三年生以来塗り替えられておらず。自分の中でかなり心が強く依存している作品だなぁ、と思います。

 だからその拠り所としている「それから」を題材にしよう、と思いました。

 で、どっちのバンドでやるか問題。これはハイライトでやります。理由は一つ、歌詞的にかなり弱々しいことを書かざるを得ないからです。

 ちゃんみおには、弱々しい歌詞ながら、芯が太い歌い方ができる強みがあります。そこを活かしたいなと…思って…います…書いてる途中でめっちゃ恥ずかしくなってきた、こんな調子で書いてたっけ俺…。

 で、放浪。今回の曲は自分の今住んでる地元のこと丸出しで書きました。踏切はないけど。家の近くの家電量販店、ヤマダは無くなりました。本当に何もなくなっていく街です。東京が発展するにつれ人は少なくなって、店も凄く減りました。駅裏で何回か死亡事故があって、その道路に横たわる血の色が本当に忘れられなくて、何処かで表現しなければ、と考えていました。出来て良かったな、って今は思います。

 次の放浪の曲は、もう曲名は決めているので、早く仕上げたいなぁって感じです。誠也としんちゃんとりょーたはもう今回で凄い頼りになったので、次も頼ろうと思います(笑)よろしくね〜いっぱい曲作ろう。

 また明日も学校ですが、体育楽しくやろうと思います。打倒響希。

9月11日(月)

 こんにちは。廉です。はてなの運営から「お前一ヶ月更新してないけどどうしてる???笑」っていう旨のメールが来たので更新します。

 昨日は文化祭でした。全部が全部ド迫力でしたね。お疲れサマでした。

 放浪はシャルルって曲をやったのが印象的。やっぱ音源最強だなってなると共に、もっと改善できるな〜ってなりました。コピーとオリジナル、どちらも出来るようなバンドにしたいな、と思いました。自分のエゴをめっちゃ詰め込んだ曲を仕上げたいな(笑)、って姉と話してました。ふざけんなって言われました。めっちゃ分かるわ。

 ハイライトは新曲をやりました。新境地の曲だったから不安だったんだけれど、好きって言ってくれた方が結構いて嬉しかったです。今回は作曲作詞どちらもちゃんみおでした。そりゃ新境地だわ。良い曲だと思います。これからよろしくです。

 で、今日はまた曲を作っています。

 「Goodbye,Sally」の中にいる少女サリーが、主役になる曲です。

 自分の解釈で、グッサリの歌詞中のサリーはあくまでも脇役です。サリーに出会った人はサリーに向かってなんて言ったんだろうなって考えながら書いた歌詞でした。

 恋は大罪、というのは夏目漱石の「こころ」であまりにも有名な一節。ハイライトで一番大事にしてるこの曲を、ずっと大事にしていきたいです。

 そして次の曲も、メインストーリーとして心を込めて頑張って作ります。お楽しみに。