放浪紀行

跳ねる髪が嫌い

7月23日(日)

 夏ですが、今年の夏はめっちゃやる気があります(当社比)。昨年は2曲コピーするのに夏休み丸々使っていたように思います。懐かしいな、廉です。

 

 ちょっと前になりますけど、期末ライブありがとうございました。めっちゃ楽しかったです。ハイライト、放浪機構、放尿委員会に出演しました。

 今回で一番心に残っているのが、実はプラトニック・ラヴです。

 一年ぶりにやって、バンド編成も変わった今でも、昔と変わんねえな~ってところも沢山あったりと演奏していてとっても楽しかったです。空いていた一年間、ずっと聞いていた曲です。そのくらい大事な曲です。メルさんの良さが出てるよね。

 次のライブも楽しいだろうな~って帰り道に考えていたら喘息と風邪が併発しました。今も発声がよろしくなくて、息が苦しくて、ライブまでに治ってほしいな…と願うばかり。

 

 あと香港行ったんですよ。やべぇよ。カルチャーショックをバッシバシ感じて、少し強くなった気がする。日本人がどれだけ優しいんだろうってなるよ。たぶん僕はあそこじゃ住めない。でも良い経験だった。自分でも驚くほどに一人っていうのは気楽で、寂しいものだった…。香港の話はもうちょい深く書きたい。

 

 あと、小説すばるを今日買いました。「青羽悠」の三文字が見えた瞬間、すぐ買っちゃった。同い年ですばる新人賞。なんだか「バクマン。」みたいな感じです。受賞作「星に願いを、そして手を。」を読みました。面白かった。散りばめた伏線を一つずつ丁寧に。嫉妬します。というか散りばめた、というよりそっと置いた、って感じ。

 

 せっかく夏休みなのだから、楽しいことしたいですね。とにかく今やりたいことは練習と作曲です。iPhoneで曲作るの限界すぎる。親がいない明日がチャンスだ!!って思ったら明日映研の業務。死にたい。